昨日の猛暑は何処へ?

 お盆が近い所為かこの頃亡くなった人が夢に出て来る 生前一緒に過ごした事の無い人が同時に出て来る事も有り不思議だ 尤もあの世とやらでは一緒なのかも知れないと思う事にした 昨夜の熱帯夜が今朝は少し涼しい ガラス戸を開け放すとうす曇りで霧雨でも降って居るのかと思ったが違った そう言えば晴れて暑いのは西日本だけで関東以北は曇りがちだと お天気おじさんが言っていたような気がする。

明日からの連休とお盆休みを利用して海外旅行に出かける人も多そうだが 中国の観光地九塞溝でM8の大地震が有り死者や怪我人が大勢出て 世界遺産である美しい景観は見る影もない程崩れてしまい 寸前で被災を免れた観光客は急きょ予定を変更したと言って居た 行きつけの歯科医院は明日から10連休だとか 夏季休暇に有給休暇を利用すれば10連休を取る人も結構居るのかも知れない。

私達の若い頃は暦通りの休日を取れるのはお役所位で 中小零細企業に時給で働く人達は休暇どころでは無かった 昭和39年の東京オリンピック以後は世の中も落ち着き 週休2日が普通になってきてレジャー産業なる業種が盛んに海外旅行を進めるようになった お陰様で恩恵に浴したりもしたが リタイアーして毎日が休日となった今は 体力的に国内でさえ何日も旅する気にはなれないし 主だった景勝地は踏破して居る。

何よりも老後の生活を考えて選んだ住まいなので 暑い盛りに遠出などするよりは如何に涼しく快適に過ごすかを考えたり 好きなものを食し好きな音楽を聞いたり評判のドラマを見てノンビリ過ごすほうが良い 土曜日の日野原博士のエッセーは見られなくなったが 今は月に1回「残された日々」と題した瀬戸内寂聴さんのエッセーを読むのが楽しみになって居る 95歳になった寂聴さんだがものを書くだけで65年が過ぎ。

まだ書く仕事を生きがいにしているが 人がどう思おうと勝手だと開き直って居ると言う 飛んでもない波乱万丈の生き方がそこかしこに見え隠れし魅力となって居るし 寂聴さんならではの魅力が有ればこそで感心しているが 今日は寂聴さんをして いつ見ても若く美しく魅力的で 2,013年のベストセラー小説を書かれた岸恵子さんを絶賛していた 確かに岸恵子さんも波瀾万丈の人生を送られている。

「最晩年の虹の輝き」と副題がついていたが 26回にもなったのだと今日はしみじみお2人の人生に思いを馳せ 同じ女性としてこうありたいと思った 午後から少し日差しも出て蒸し暑くなったが 明日からも同じように暑さは西高東低になるらしい 本格的な夏は一体どこに行ったのやら 月末に成って残暑の厳しさが戻って来るのかも知れない。