西国巡礼第九番興福寺南円堂(奈良)

7月29日(土)、西国バスツアーで第九番興福寺南円堂へ行きました

興福寺南円堂

西国三十三所観音巡礼第九番札所

飛鳥平安時代に権勢を振るった藤原氏の氏寺。

藤原鎌足の病気平癒を願い、天智8年(669)に妻鏡王女(かがみのおおきみ)が建立した山階寺が始まりで、平城遷都に合わせ現在の場所に移転、興福寺と改名された。

法相宗大本山

本尊不空羂索観世音菩薩像は、鎌倉時代の仏師運慶の父、康慶作。

(西国三十三所をめぐる本より)

国宝東金堂(とうこんどう)

聖武天皇の造立。薬師三尊を中心に国宝仏像を多数安置。

五重塔。国宝。

南円堂は、弘仁4年(813)に藤原冬嗣が創建。

手水で清めます。龍から水が出てます。

引いて見て。

お線香は3本、立てます。

ロウソクに日を灯します。

お堂の前で、皆さんと般若心経などのお経を唱え、お参りしました。

その後、朱印所へ並びに行きました。

いつもながら、並んでたらあまり見る時間がありませんでした。

南円堂全体。

引いて見て。

五重塔を下から見て。

オス鹿が、悠と歩いていました。

後から、メス鹿?が歩いていきます。

その後ろは、子鹿?

可愛い

鹿がお寺で自由に歩いているのには、ビックリやはり、奈良ですね。

人に慣れてるしか、あまり警戒しません。

間近で鹿見れて、良かったです

東金堂と鹿。

東金堂。

西国巡礼の御朱印です。

1300年記念印。

御詠歌とカラー御影と散華。

御詠歌護符。

先達さん同行ツアーでしか頂けません。

以上、西国巡礼第九番興福寺南円堂でした

次は、第八番長谷寺へ続きます

奈良のお寺に行ったのは、何年振りだろう?

御朱印を奈良で頂いたのは、今回で初めてです。

行ってからすぐにでもブログ書こうと思ってましたが、なかなか書けず

子供が夏休みだと、自由に出来る時間があまり無く。

ボチボチアップしますので、よろしくお願いしますm()m

皆さんの所にも、時間見つけて訪問しますね

(o)/

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

明日もいい一日になりますように。

暑い日が続きますが、お身体に気をつけて下さいね。

()