Waves

amiinA&ヤなことそっとミュート合同ライヴに、お初のハーツは西川口でやんす。

ヤなことそっとミュートで開始、この轟音トラックにボーカルが負けていないのは凄い。

新譜「スタンプEP」からの曲中心も、やっぱり「バブル」からの曲が盛り上がるのだ。

しかしメゾンブックガールと被っているイメージである、アートワークまで似ているし。

そうなると和田輪を擁しているMBGは強い、それでもヤなミューも非常に魅力的だわ。

そしてアミーナ登場、同じく轟音に乗せて正統派歌謡曲を素晴らしいダンスに乗せてく。

真っ当なので捻くれたマニアには受けないだろうが、アイドルとしてポテンシャル高し。

この二組を観ていて感じたのが、最近のリスナーの洋楽離れとCDの売り上げの減少で。

先ずアイドルに物凄い音楽を叩き出されている現状で、誰が洋楽なんて聞くのだろうか?

若者が洋楽を聴かなくなったのではなく、聴く必要が無いから需要が無くなっているわ。

ベビーメタルの快進撃を見れば明らかだろう、日本語も邦楽も世界に軽く通用している。

更にライヴやイベントが頻繁に行われ、それがネットやケーブルやBSで配信されてく。

生の音楽に触れられるのだから、CDはカラオケの予習復習に使われている位じゃない?

予備知識が無くてもライヴが楽しいのだから、こんな恵まれた時代や環境に感謝したい。

終演後に行った鶏白湯ラーメンの時茂で塩、これが旨過ぎて現時点で今年ベストである。

感想を聞かれ伝えたら喜んでくれて、駅に向かう途中に追い掛けてくれて感謝され驚く。