彼女はどこか時折遠くの誰かをおもいはせ

彼女はどこか時折遠くの誰かをおもいはせるような顔をする。それは、僕には到底とどかないどこか奥の奥の世界だ。